その他スワップ情報 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

その他スワップ情報 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

為替取引で魅力なスワップ金利

「FX」が「外国為替信用取引」というのは、投資家の間では、もう、知らない人の方がすくないかもしれません。

FXで為替をする魅力は主に二つあります。
一つは、本来銀行で為替取引をしようとした場合は相対する金額が必要となりますが、FXであれば、その何%かを証拠金として入金するだけで為替取引ができてしまうという「てこの原理」です。

もう一つは、スワップ金利が毎日つくことです。

このスワップ金利とは、通貨間の金利の差のことですが、今は円の金利がとても低いので、スワップ金利が一番つきやすい時期と言っても過言でないと思います。

スワップ金利は、FX業者によってまちまちなので、取引をする際は比較することも必要です。

今や、為替取引をするには、FXでしなければもったいないです。特に、外貨預金のように、満期を待たないと金利がもらえないものとは違い、FXではスワップ金利が毎日もらえるので、とても魅力的です。

注記事項に記載必要のある金利スワップ

企業の会計処理において、注記事項という言葉があります。
では、この注記事項とは、どういうものなのでしょうか?

注記事項とは、貸借対照表、もしくは損益計算書を作成する時、資産の評価方法、固定資産の減価償却の方法などの会計方針をわかりやすく、正確に表したものです。

重要な会計方針の注記は、商法上義務付けられてはいないのですが、債権者や取引先にとっては、注記を行った方が良いと思います。

当然、金利スワップ契約があるのであれば、金利スワップもこの注記事項に記載されることとなります。

では、この金利スワップとはどういうものなのでしょうか?

金利スワップとは、固定金利を支払い、変動金利を受け取るといった仕組みの取引のことです。逆に、変動金利を支払い、固定金利を受け取る取引も金利スワップといいます。

つまり、金利スワップの契約は、元本は交換されず、金利部分だけが交換されることとなります。

スワップ金利の評価損について

FXで毎日必ず、誰にでもついてくるスワップ金利
では、このスワップ金利とは、何なのでしょうか?

スワップ金利のスワップとは、英語で交換のことです。
つまり、交換するときに発生する金利という意味です。
もう少し簡単に説明すると、通貨間の金利差ということです。円の低金利時代の今だからこそ、スワップ金利を狙った投資家が多いのも納得です。

スワップ金利を主な目的としたFX取引でも、為替の変動によっては評価損が発生する場合もあります。

評価損とは、その時点で評価した場合の損失のことです。
つまり、ポジションを決算する前の状態です。ですが、評価損がでたからといって、あせる必要はありません。
評価損はあくまで評価損。ポジションを決算しなければ損失にはなりません。

今は損失でも、時期を待てば必ず利益が生まれます。スワップ金利目的のFX取引では、一喜一憂するより、長い目でみることが必要です。

金利スワップの経理上の処理について

金利スワップ経理上の処理は、とても複雑です。

経理の上では、原則としてスワップ取引は、時価評価し、評価差額を貸借対照表に計上しなけばなりませんが、特例処理が認められる場合があります。

ただし、その特例処理も、定められた要件をすべて満たしていなければ経理上、認められません。

金利スワップの特例処理とは、想定元本、利息の受払条件、契約期間がヘッジ対象の資産または 負債とほぼ同一である場合の経理処理です。

これは、金利スワップを時価評価せず、金利スワップと当該資産または負債に係る金銭の受け払いの純額を、当該資産または負債に係る利息に加減して処理することができるという経理上の処理です。

また、金利スワップの特例処理は、基本的にヘッジ対象と金利スワップの実質的一体性を根拠にし、契約期間がほぼ一致することが要件の一つになっています。

「スワップで金利生活しちゃお!」?

今人気のブログ。ネット上で見れる日記のことですが、為替をやっている人に密かに人気なのが、「スワップで金利生活しちゃお!」というブログです。

スワップで金利生活しちゃお!」というブログは、どんな人が書いているブログなのでしょうか?

この、「スワップで金利生活しちゃお!」というブログは、投資暦6年、FX暦3年の真姫さんと、そのお姉さんでOLの由妃さんの、FX取引を主な内容とした生活ブログです。

もちろん、タイトルに「スワップで金利生活しちゃお!」とつけるくらいなので、FXのスワップ金利の収入を重視した、高金利通貨狙いスワップ派です。

真姫さんはFX3年ですが、お姉さんの由妃さんは初心者ということなので、初心者の人には、わかりやすいブログになってます。

そして、なによりも、「スワップで金利生活しちゃお!」はブログなので、堅苦しくなくFX取り扱い業者の説明を読むよりも内容が把握しやすいと思います。

スワップ金利を計算をするには?

FXのときに発生するスワップ金利。このスワップ金利とは、何でしょうか?

スワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。

金利の低い通貨から、金利の高い通貨を買うと、スワップ金利を得ることができます。つまり、逆に高い金利の通貨から低い金利の通貨を買うと、スワップ金利を支払わなければなりません。

スワップの計算方法は、それぞれの通貨について、『ポジション額×貸し借りの金利×決済までの日数(バリューデート基準)を計算し、その差をスワップとしています。

自分のポジションのスワップ金利が今どれくらいついているか、今のレートでどれくらいのスワップ金利がつくのかを計算するのは、大変です。そのため、スワップ金利計算するツールなどもネット上には存在しています。

スワップ金利を賢く享受するには、レートや手数料も細かく計算することも必要なのかもしれません。逆に、年利を計算すると、日本の銀行に預けるのがバカらしくなるかもしれません。

スワップ金利の時価について

金利スワップでの取引では、時価評価というものが必要となってきます。では、この時価とは、何なのでしょうか?また、金利スワップとは、具体的にどのような取引のことをいうのでしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ取引の一種で、固定金利を支払い、変動金利を受け取るという仕組みです。
想定元本に対して決められた固定金利分を支払い、これと同時に同額の想定元本に対して変動金利分を支払います。

次に、時価についてですが、金利スワップ取引を含めたデリバディブ取引は、平成12年4月1日に、会計基準の適用により時価評価されることになりました。
そこで、金利スワップ時価評価が必要となるのです。

この時価とは、公正な評価額をいい、市場で取引されている価格、またはこれに基づく合理的な価額によります。デリバディブ取引の対象となる金融商品に市場価格等がなく公正な評価額を算定することが困難な場合には、合理的に算定された価格を公正な評価額とします。

三井住友銀行の金利スワップに絡む違反行為について

金利スワップとは、固定金利を支払い、変動金利を受け取るという取引です。

三井住友銀行は、この金利スワップの取引を現在停止しています。その理由は、三井住友銀行が平成13年度から平成16年度の間に金利スワップの販売行為に違反事項があったためです。

具体的には、三井住友銀行が、事業者が融資面で三井住友銀行に依存していることから、自行が事業者より優先的地位にあることを利用して、金利スワップを購入することが不要だと金利スワップを押付販売した事例があり、これは「優先的地位の濫用」にあたり、独占禁止法違反と判断されました。

また、三井住友銀行が、解約清算金の発生等の金利スワップのリスクを十分に説明せずに金利スワップを販売した事例があり、この場合、「説明義務違反」にあたる可能性があります。

以上のことなどから、金融庁が行政処分を行ったのです。

金利スワップの税務処理

もともと銀行間で行われていた金利スワップが、今は銀行と企業の間でも行われるようになりました。
では、金利スワップとは、どのような取引のことをいうのでしょうか?

金利スワップとは、、固定金利と変動金利を交換する取引のことです。固定金利を支払い、変動金利を受け取るというしくみです。つまり、金利スワップでは、元本部分の交換は行われず、金利部分だけが交換されます。

金利スワップで取引する際、注意しなければならない点は、税務処理です。
本来ならば税務上、課税対象となるものではないのですが、税務処理を間違うと課税対象となってしまいます。

課税を避けるためには、時価評価を避けることがポイントです。この処理を、税務上「金利スワップ取引等の特例処理」と言います。

会計や税務上の取り扱いについては、あらかじめ会計士、税理士などに相談するのが賢明です。

金利スワップ繰延ヘッジ処理とは?

金利スワップや通貨スワップの総称であるデリバディブ取引において、繰延ヘッジ処理という言葉を聞いたことがあると思います。
そもそも、「金利スワップ」「繰延ヘッジ処理」とはどういう意味なのでしょうか?

金利スワップとは、固定金利を支払い、変動金利をうけとる取引のことですが、金利スワップは時価評価されるのが原則で、課税対象となってしまいます。
そこで、その金利スワップの時価評価を避けるには特例処理とヘッジ処理の2つの処理方法があります。

繰延ヘッジ処理』とは、ヘッジ対象に関わる損益が認識されるまで、ヘッジ手段の損益認識を繰延べる方法です。

また、繰延ヘッジ会計処理とは、ヘッジ手段であるデリバティブ取引の損益(時価会計)のうち、ヘッジ対象の損益(発生主義会計)に対応しない部分を資産又は負債として繰延べる処理方法です。

スワップと時価評価について

金利スワップ』という言葉を知っていますか?この、金利スワップとは、どういう意味でしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、取引をする際に使われます。
簡単に言うと、金利スワップとは、資金の支払いを相互に交換する取引のことです。

デリバティブとは、金利スワップ・通貨スワップなどの総称ですが、税務処理の原則として、時価評価課税がなされます。

しかし、時価評価を回避するための対応策はあります。

購入前ならば、リスクを有効にヘッジするデリバティブを購入するということです。

すでに購入してしまった場合、まずは、購入時の要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。

購入時の要件を満たしていない場合には、帳簿にて時価評価は行なわない旨を宣言し、特定の会計処理を行ないます。

購入時の要件を満たしている場合には、会計処理の変更及び帳簿の整備さえ行なえば、時価評価課税を回避することが可能となります。

時価評価税を回避するポイントをおさえておけば安心です。

東京スワップレファレンスレートって何?

東京スワップレファレンスレート」や、「テレレート」を知っていますか?

円と円でスワップ取引をする場合、必要となるのが、東京スワップレファレンスレートの基準です。

ここでその基準の役割をしてくれるのが、「テレレート17143頁」。
この「テレレート17143頁」とは、テレレート・サービスにおいて「17143ページ」として指定される頁、または東京スワップ・レファレンス・レート(T.S.R)として東京市場における円金利スワップの仲値を表示する目的で設けられたこれに替わる頁のことです。

ですので、取引をする書面には、『基準金利は午前10時現在の東京スワップレファレンスレート(TSR)として、Telerate(テレレート)17143ページに掲示されている6か月LIBORベース10年物(円/円)金利スワップレートとする。』と必ず書かれています。

ちなみに、「東京スワップレファレンスレート」の「リファレンス」とは、「reference」と表記され、参照と訳されます。

金利スワップの特例処理について

金利スワップの会計処理における取り扱いについて、原則としてスワップ取引は、当該スワップを時価評価し、評価差額を貸借対照表に計上しなけばなりませんが、特例処理が認められる場合があります。

ただし、定められた金利スワップ特例処理の要件をすべて満たさなければ特例処理は認められません。

金利スワップ特例処理とは、想定元本、利息の受払条件、契約期間がヘッジ対象の資産または 負債とほぼ同一である場合の処理です。
これは、金利スワップを時価評価せず、金利スワップと当該資産または負債に係る金銭の受け払いの純額を、当該資産または負債に係る利息に加減して処理することができるというものです。

また、金利スワップ特例処理は、基本的にヘッジ対象と金利スワップの実質的一体性を根拠にし、契約期間がほぼ一致することが要件の一つになっています。

短期の借入金の借換は、契約期間が一致していないため、一般的には特例処理の対象とはなりません。

金利スワップの会計処理

金利スワップの会計処理における取り扱いについては、「金融商品会計に関する実務指針」にこう記載されています。

金利スワップを利用したヘッジ取引は、本来、金利スワップの評価差額を貸借対照表に計上する会計処理を行うこと、と記載されています。
しかし、金利スワップの想定元本、利息の受払条件(利率、利息の受払日等)及び契約期間が、金利変換の対象となる資産又は負債とほぼ同一である場合には、金利スワップを時価評価を行わず、デリバティブ取引の受払による純額等を当該資産、または負債に係る利息に加減する特例野会計処理が認められる、と記載されています。

ちなみに、この「金融商品会計に関する実務指針」とは、金融商品取引についての会計処理を対象としており、金融商品の範囲、それらの発生および消滅の認識、評価方法、ヘッジ会計と複合金融商品の会計処理、それらの具体的な設例による解説などから構成されています。

金利スワップの会計処理をされる方はご参考になさってください。

デット・エクイティ・スワップとは?

デット・エクイティ・スワップ」という言葉は、株をする方はご存知かもしれません。

では、この「デット・エクイティ・スワップ」という言葉は、何なんでしょうか?

デット・エクイティ・スワップ」とは、まず、デットは英語でDebt。債務という意味です。次に、エクイティは英語でEquity。株式という言葉です。最後のスワップは英語でSwap。交換という意味です。つまり、「債務の株式化」と訳されます。略語で「DES」とも表記されます。

この「デット・エクイティ・スワップ」を具体的に説明すると、一般的に、経営不振企業を再生する際に用いられ、その経営不振の企業の債務と、新たに発行される株式とを交換するということです。

デット・エクイティ・スワップ」は、再建を要する企業の債務と株式とを交換することで、企業は資金の対外流出を抑えられることができ、債権者は新たに株主として株価の値上がり益を享受できる可能性が生まれることとなります。

為替取引で生まれるスワップについて

FX(外国為替信用取引)においては、スワップという言葉を必ず目にすることとなります。

では、このFX(外国為替信用取引)に知っておくべきな言葉、スワップとは、何でしょうか?

まず、FXとは、外国為替信用取引のことです。
簡単に言うと、本来ならば100万円用意しないとできない為替取引が、その10%程度の証拠金でできてしまうというしくみです。

そして、スワップというのは、その為替取引をした際に生まれる、利息みたいなものです。

例えば、円から米ドルを買ったとします。
今は円の金利が低く、米ドルの金利が高いので、金利差が生じます。この金利差のことをスワップと呼ぶのです。

つまり、FX(外国為替信用取引)だと、少ない金額でたくさんの利益を得ることが可能となるのです。

今は円の金利が低いので、このFX(外国為替信用取引)を利用してスワップを受け取るのは最適な時期かもしれません。

クーポンスワップとは?

FXをする際に必ずでてくる用語で、「スワップ」という言葉があります。スワップとはもともと、英語で交換という意味がありますが、その中でも、クーポンスワップという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

このクーポンスワップとは、どんなスワップのことを言うのでしょうか?

クーポンスワップとは、一言で簡単に言うと、金利のみを交換するスワップのことです。元本の交換をせずに、金利のみの交換をすることです。

そして、このクーポンスワップとは、通貨スワップの中の一種です。

通貨スワップとは、異なる通貨(例えば円と米ドルなど)間で金利と元本を交換する取引のことです。

ですので、ちょっとややこしいですが、通貨スワップの中で、特に、金利のみを交換し、元本の交換をしないことをクーポンスワップというのです。

スワップ金利の高いFXCMジャパン

いま、FXをするのに一番人気があるのは、「FXCMジャパン」という会社です。

FXCMジャパンは、国内FX業界ナンバーワンの取引高を誇っています。

FXCMジャパンが色々な人に選ばれている理由は、手数料が無料であることや、5万円からFXが始められることなどがあげられます。
そして、FXCMジャパンでは、スワップ金利が高く設定されているのです。

FXCMジャパンは、手数料が無料である分、スワップ金利が低く設定されているのでは!?と危惧する人もいるかと思いますが、なんとその逆なのです。

また、スワップとは、通貨間の金利差のことで、金利の低い通貨(例えば今の日本円)から、金利の高い国の通貨(例えば今の米ドル)を交換(スワップ)した際に生じる金利差を金利としてもらえる仕組みなのです。

ですから、FXをする際は、スワップ金利が高いFXCMジャパンのような会社を選ぶと、利益が得やすいということなのです。

金利スワップって何?

金利スワップというのは、直訳すれば、金利の交換。
これは、為替でよく聞くスワップ金利とは別のものです。

では、同じようで違う、この金利スワップとは一体何なのでしょうか?

金利スワップとは、同一通貨(円と円、米ドルと米ドル、など)において、固定金利と変動金利を交換するといった取引です。この金利スワップの取引は、もともと金融機関同士で行われていたのですが、最近では、銀行と企業の間でも行われています。

銀行から変動金利で長期の融資を受けた企業は、固定金利を払い、変動金利を受け取るという金利スワップの契約を結ぶことで、金利を実質的に固定化できる、という利点があるのです。

ただ、金利スワップの契約には多少のリスクも伴います。経済状況が変化し、借入金利が低下しても固定金利分を支払わなければならないので、銀行から変動金利分は支払われません。

つまり、金利スワップは、金利が将来上昇することを狙って契約しなければならない、ということなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。