スワップ派とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ派とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ派って何?

fxは、日本語で外国為替信用取引と訳されます。
このfx、円金利が低迷している今日、投資家では注目されている投資の一つです。
fxの魅力は、てこの原理を生かした、小さな元手で大きな取引ができるという点と、スワップ金利がつくということです。
スワップ金利とは、取引をする通貨の金利差のことですが、このスワップ金利が毎日受け取ることができるのです。

そして、fxには、このスワップ金利を目的とした投資家を「スワップ派」と呼んでいます。他には、「トレード派」というものが存在しています。
スワップ派は、スワップ金利がメイン。
トレード派は、トレードがメインです。つまり、トレード派は、為替の動きを常に気にしておかなければなりません。反してスワップ派は、それほど為替の動きを気にする必要はありません。スワップ派は、長期ホールドの方がよりいいですね。

ですので、fx初心者は、まずはスワップ派から入ることをお勧めします。

あなたはスワップ派?

FX(外国為替信用取引)には、「スワップ派」と「トレード派」という『派』が存在します。

では、このスワップ派、トレード派とはそれぞれどういう派のことなのでしょうか?

FX(外国為替信用取引)を上手に運用すれば、スワップがつきます。このスワップを狙って運用する人たちのことを「スワップ派」と呼ぶのです。

また、「トレード派」というのは、通貨を安く買って高く売ることで利益を得ようとする人たちのことです。

トレード派は日々変化するレートや政治情勢などを常に気にしなければなりませんが、反してスワップ派はあまりレートを気にすることなく始められるので、スワップ派から入る人が多いのではないでしょうか。

スワップ派は、トレード派と違い、短期間でたくさん利益を上げることは難しいかもしれませんが、その分、リスクもトレード派よりは少ないので、スワップ派の方が堅実かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。