スワップ金利一覧 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利一覧 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

円金利とスワップレートの確認

スワップ金利を主な目的としているスワップ派は、毎日のレートに振り回されることはほとんどありません。
毎日のレートを気にして取引するのは苦手だという人は、FXのスワップ取引がお勧めです。
では、このFXのスワップ金利とは一体どういうものなのでしょうか?

スワップ金利とは、通貨間の金利のことです。
今は特に、金利が低いですが、この時に金利の高い米ドルを買うとします。すると、そこに発生する金利差のことをスワップ金利といいます。
例えば、今のスワップレートは、から米ドルを購入すると、約133円、からユーロを購入すると、約150円のスワップ金利がつくのです。
スワップ金利は、多少レートによって毎日変化しますが、常時気にするほどではないので、為替取引初心者にもお勧めです。

為替取引と聞くと、毎日レートを気にしなければならないというイメージがありますが、スワップ派はそうではないのです。金利が低い今だからこそ、スワップ取引がお勧めなのです。

スワップ金利表を活用しよう

為替をするときに今人気なのがFX。
このFXの人気の秘密は、小さな元手で大きな取引ができてしまう、「てこの原理」ともう一つ、「スワップ金利」にあります。
この「スワップ金利」とは、具体的にどういうものなのでしょうか?

スワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。この金利差を毎日受け取ることができるのです。金利差は通貨間によって異なるので、どこの会社もであらわし、一見してわかるようにされています。
ですから、そのをみれば、取り扱い通貨や、交換できる通貨ペア、その通貨のスワップ金利がすぐにわかります。

スワップ金利には、たいてい、買いの値段や売りの値段もかかれていますので、取引しようとする際は、その会社のスワップ金利の表をさがしてみるとよいと思います。また、会社によって、の単位や表示の仕方が違っているので、その点は注意が必要です。

スワップ金利一覧を利用しよう

FXでの魅力の一つであるスワップ金利
このスワップ金利とは、何でしょうか?

スワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。
例えば、今の円の金利はとても低いですが、米ドルは約4%程度あります。このとき、円から米ドルを買うと、その金利差分がスワップ金利として受け取ることができるというわけです。

通貨はたくさんありますが、会社によって取り扱いがまちまちなので、通貨の取り扱い一覧などで事前に確認する必要があります。また、スワップ金利も円主体の取引でないものもあるので、これも、自分が取引している、または取引しようとしている会社のスワップ金利一覧などを参考にして、通貨を選ばなければなりません。

一覧表は、どこもわかりやすくまとまっているので、まずはその一覧表を見ると、取り扱い通貨や、スワップ金利の金額が一目瞭然です。
また、それを独自の一覧にしてみてもわかりやすいと思います。

スワップポイントの比較

FXを始めたいけど、たくさんありすぎて、どこの会社を選べばいいかわからない、ということは誰でも遭遇することだと思います。

FXをするには、やはりスワップポイントが高いほうが有利です。会社によって、スワップポイントは少しずつ違います。
そこで、単純にFXを取り扱っている会社のスワップポイント比較して決める人も多いようです。

スワップポイントとは、円からドル、円からユーロなどに交換した際に生まれる、金利差のことです。
今は円の金利が低いので、どこの外貨と比較してもスワップポイントがつく状況ではないでしょうか。
逆に、円の金利が高く、交換する外貨の金利が低くなれば、スワップポイントを支払わなければならないということになります。
そして、スワップポイントは毎日変化しますので、確かに、これを比較して会社を選ぶのも一つの手です。
しかし、比較すべきところは他にもあります。
手数料や、証拠金が何%か、信頼性はどうか、などです。

あらゆる点を比較して、自分のスタイルにあったところを探しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。