スワップ取引とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ取引とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とスプレッド

FX取引をするにあたって知っておくべき用語は、「スワップ金利」と「スプレッド」です。

まず、スワップ金利とは、簡単に説明すると通貨間の金利差のことです。

例えば、円の金利が1%としたときに、米ドルの金利が5%だとして、円から米ドルを買うとします。その金利差4%がスワップ金利として毎日発生します。また、スワップ金利はFX取り扱い業者によっても違います。

次に、スプレッドです。このスプレッドとは、売値と買値の差のことです。
例えば、円から米ドルを買おうとした際、米ドルが140円だった場合、140円で購入できたとします。
そして、その米ドルをまた売って円に戻す場合、また米ドルが140円だった場合、スプレッドが5銭だと140円5銭で売ることができるということです。
スプレッドも、FX業者によって違うので、スプレッドが少なければ少ないほど有利です。

ゼロ金利時代と言われている今、FXでスワップ金利が高く、スプレッドの少ない取引をする方が得策といえます。

三井住友銀行のスワップ絡み契約について

金利スワップという言葉を聞いたことがありますか?
金利スワップとは、融資に関係している言葉です。
では、この金利スワップとは一体どういう意味なのでしょうか?

金利スワップとは、融資をする際の契約で、変動金利を支払い、固定金利を受け取るというしくみのものです。

これは、大手の銀行、例えば三井住友銀行などでもHPで紹介しています。

しかし、三井住友銀行は、この金利スワップの取引を現在停止しています。その理由は、三井住友銀行が金利スワップの販売行為に違反事項があったためとしています。

その具体的な内容は、三井住友銀行が、事業者が融資面で三井住友銀行に依存していることから、自行が事業者より優先的地位にあることを利用して、金利スワップを購入することが不要だと金利スワップを押付販売した事例があったり、三井住友銀行が、解約清算金の発生等の金利スワップのリスクを十分に説明せずに金利スワップを販売したという事例があったようです。

スワップ取引って何?

日本の金利が低迷している今日、投信や株、国債などが人気を集めていますが、ネットをする人や投資初心者にとっては、FX(外国為替信用取引)が一番気になる投資方法です。
このFX(外国為替信用取引)で、一番わかりにくいものの、一番の利点になりそうなものが、スワップ取引

スワップ取引をしたくてFX(外国為替信用取引)をする人は多いと思います。

では、このスワップ取引とは具体的にどういったことなのでしょうか?

スワップ取引とは、通貨を交換することによって生じる金利差を得ようとする取引のことです。
金利の低い通貨から金利の高い通貨を交換した場合、その金利差が利益として受け取ることができるのです。
また、この金利差のことをスワップと言います。

スワップは毎日変化し、金利が高い通貨から金利が低い通貨に交換する時は、スワップを支払わなければなりません。そのため、スワップ取引をする際には注意が必要です。

fxのスワップとは?

外貨為替で最近よく耳にする、「fx」や「スワップ」という言葉。これはどういった意味なのでしょうか?

まず、fxとは、「外国為替証拠金取引」という意味です。

外国為替をする際、ほとんどの金融機関は1万米ドルからしか取り引きしないので、1米ドルが100円とした場合、本来ならば、100万円必要となります。しかし、このfxを利用すると、その100万円のうち、10%程度を証拠金として100万円分の投資ができるというしくみなのです。
少ない元手で、たくさんの利益(スワップ)を得ることができるのがこのfxの特徴です。

そして次に、「スワップ」という言葉ですが、これは、金利差のことです。

つまり、このfxの利点を生かして、少ない元手で取引すると、多くのスワップを得ることができるのです。
しかもスワップは毎日発生します。

このfxが人気の理由は、この「てこの原理」を生かせば、スワップもその原理で大きくなり、為替変動で生じてしまうかもしれないマイナスをプラスにかえられる可能性がある、ということなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。