スワップ金利比較 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利比較 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利を比較しよう

投資家の間では、最近、株と比較して、FXスワップ金利が今はとても人気です。
そもそも、FXとはどういう意味で、スワップ金利とは何なのでしょうか?

FXとは、外国為替信用取引の略で、本来必要な金額の何%かを証拠金として納めれば、その何倍もの取引ができるという取引のことです。

そのFXに必ずでてくる、スワップ金利
このスワップ金利とは、通貨間の金利差のことで、金利の低い通貨(例えば円)から金利の高い通貨(例えば米ドル)を比較したとき、その差が生じます。この差のことをスワップ金利といいます。
円の金利が低い今は、スワップ金利がつきやすい時期だといえます。

スワップ金利は、FX業者によって違うので、取引する時は比較する必要があります。
ただ、スワップ金利だけでなく、業者の信頼性なども比較したほうが賢明です。
また、通貨によっても違うので、色々な通貨のスワップ金利比較するのも楽しいと思います。

外貨定期とスワップのあるFXの比較

円定期の金利が低迷している最近では、外貨定期の金利の良さに驚きます。しかし、外貨定期を始めようと思っても、思わず二の足を踏んでしまいます。それは、為替のリスクが気になったり、満期が長すぎたりすることも原因の一つです。

そこで、今、FXというものが投資家の間では人気を集めています。FXとは、外国為替信用取引というもので、少しの元手でたくさん取引ができてしまうという優れものです。そして、このFXのもう一つの大きな魅力は、スワップ金利というものが毎日つくのです。
スワップ金利とは、例えば、円から外貨を購入した際、金利差が生じます。これをスワップ金利としてうけとることができるというしくみなのです。

単純な外貨定期よりも、FXで取引すると、スワップ金利が毎日つくので、満期を気にせず解約することもできます。外貨の取り扱いは会社によって違いますが、米ドル、ユーロに限らず、金利の高い外貨はたくさんあります。
通貨間の金利差が大きければ大きいほどスワップ金利はたくさんつくのです。

スワップのことをいろいろと比較してみよう

最近、投資家の間ではFXが話題です。FXだと、スワップ金利がつくので、そこが魅力の一つのようです。
FXと外貨定期を比較してみてもその違いは明らかです。
FXでは、毎日スワップ金利がつくからです。
どの金融商品と比較しても毎日金利がつくものはないんじゃないでしょうか?

では、このスワップ金利とは、どんな仕組みなのでしょうか?

FXでは、円を借りて、外貨を買うというものです。
このとき、金利の低い円を返し、買っている金利の高い外貨から金利が発生します。この金利差をスワップ金利といっています。
今は円の金利が外貨と比較するととても低いので、スワップ金利がつきやすい状況です。

スワップ金利は毎日変化し、また、会社によっても違うので、比較してみたほうが賢明です。
しかし、スワップ金利の比較だけにこだわりすぎると手数料などで失敗する可能性もあるので、あらゆる点で比較することが肝要です。

スワップを比較してみよう

FXでは、必ずスワップという言葉が出てきます。
この「スワップ」とは、何のことでしょうか?

スワップとは、英語で、Swapと表記され、交換する、という意味があります。
FXをする際は、円からドルへ、円からユーロへ、などと通貨を交換します。その際に、金利差が生じます。これがスワップです。スワップポイント、スワップ金利などとも言います。

スワップは、日々変化します。
また、金利の低い通貨から金利の高い通貨への取引ではスワップポイントがつきますが、逆の場合は、支払いが生じてしまうので、注意が必要です。

また、スワップは会社によっても違います。
この点も比較しながら取引する会社を選択しなければなりません。
スワップを比較するのは、とても簡単です。

単純に、スワップ金利の金額を比較すれば一目瞭然です。

ただ、スワップ金利の比較だけにとらわれず、手数料なども比較しなければなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。