スワップレートについて FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップレートについて FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とレートの推移

FXで為替取引をすると、毎日ついてくるスワップ金利。
このスワップ金利とは、どういう意味なのでしょうか?

スワップ金利とは、一言で説明すると、通貨間の金利差のことです。つまり、円の金利が1%として、米ドルの金利が5%だとします。
すると、その差の4%がスワップ金利として毎日つくというものです。

今は円の金利がとても低いので、スワップ金利がたくさんつく絶好のチャンスなのです。

為替取引といえば、為替レートを常に気にしないといけないというイメージがつき物ですが、スワップ金利だけを目的とした取引ならば、毎日為替レートの推移を気にする必要もありません。

最も、為替レートの推移をよみ、いい時期に取引できたとしたら、それがベストではあります。

しかし、為替レートの推移ばかりを気にしていても、推移は過去のもので、これから先のことは誰にもわかりません。

レートの推移を気にしている間も、毎日スワップ金利を無駄にしているのかも知れません。

東京円金利スワップレートとは?

金利スワップとは、金融用語で、変動金利を支払い、固定金利を受け取るという内容の契約方法です。
もちろん、逆の契約、固定金利を支払い、変動金利を受け取るという契約も金利スワップといいます。
この金利スワップの契約の場合、元本の交換はなされず、金利だけの交換になります。

この、金利スワップにも、為替レートと同じように、金利スワップレートというものが存在しています。

これは、東京円金利スワップレートといわれるものです。
東京円金利スワップレートは、株式会社QUICKが提供しているもので、マーケット情報として日々更新されています。
また、東京円金利スワップレートのチャートをみることもできます。

東京円金利スワップレートは、1年、2年、3年、4年、5年、7年、10年とあり、それぞれ違います。
これも、すべてチャートで見ることができます。

東京円金利スワップレートの10年のチャートを見ると、景気の動きがよくわかります。

こういったチャートなども見ながら投資をすると、損をすることが少ないかもしれません。

金利スワップレートとは?

FXをするときには必ずでてくるスワップという言葉。このスワップという言葉なくしてはFXは語れませんが、金利スワップレートという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

では、金利スワップレートとは、一体何なのでしょうか?

FXとはそもそも、円を借りて、外貨(例えば米ドル)を買うことができるという仕組みなのですが、金利の低い円を返して、金利の高い米ドルから金利をもらうと、金利差が生じます。このことを、スワップといいます。つまり、このことが金利スワップレートなのです。

金利スワップレートは日々変化します。
金利スワップレートを比較して、FXの会社を選ぶのも一つの手です。
ただ、金利スワップレートにとらわれすぎると、欠点をみのがしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

スワップレートって?

fx(外国為替信用取引)に興味のある人は、「スワップレート」という言葉を聞いたことがあると思います。
この、スワップレートとは、具体的にどんなものなのでしょうか?

スワップレートとは、(現在の)日本円のように、金利の低い通貨から金利の高い通貨(米ドル、ポンドなど)を交換した時に生じる金利差のことです。

例えば円から米ドルを交換するとします。
fxでは、日本円を借りて、米ドルを購入するということになります。
そうすると、日本の円が例えば1%の金利だとして、米ドルの金利が5%とすると、その差、4%になります。
すると、借りている金利1%の日本円を毎日返しても、買っている(持っている)米ドルは5%で金利がついているので、その差額がスワップとしてもらえるという仕組みなのです。
これがスワップレートです。

スワップレートは、毎日変化します。

ただし、スワップレートはマイナスになる場合もあるので、そこは注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。