スワップポイントとは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップポイントとは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

南アフリカランドのスワップ金利

FXの際にスワップ金利というものがつきますが、このスワップ金利とは、どういうものなのでしょうか?

スワップ金利は、通貨間の金利差のことです。つまり、金利差が大きいほどスワップ金利はたくさんつくということです。特に、今は円の金利がとても低いので、スワップ金利はつきやすいのです。

そのスワップ金利で今人気がある通貨は、ZARと表記される、「南アフリカランド」という通貨です。

南アフリカランドが人気の理由は、何といってもスワップ金利の高さにあります。
南アフリカランドの今の金利は、約10%とかなりの高金利です。

南アフリカランドは、ダイヤモンド、金、プラチナといった資源が豊富な国です。そのため、時々金をはじめとした商品価格の影響を受けやすいことや、政治リスクが高いこと、流動性が低いことなどには注意が必要です。

また、南アフリカランドは2010年のサッカーのワールドカップ開催国としても注目を集めています。

証拠金担保のFX取引でスワップ金利を享受

スワップ金利」という言葉を投資に興味のある人なら一度は聞いたことがあると思います。
この「スワップ金利」とはどういうものなのでしょうか?

スワップ金利」とは、FXで取引した際に生じる、金利差のことです。

例えば、円(金利の低い通貨)から米ドル(購入前の通貨、この場合円よりも高い金利の通貨)を買った時に生じる金利差を「スワップ金利」といいます。

このスワップ金利を享受するには、FXでの取引が必至です。

このFXとは、外国為替信用取引と訳され、証拠金と呼ばれる金額を担保として入金すれば、その何倍もの取引ができるのです。

担保とする証拠金の金額は、FX業者によって異なります。

本来ならば同等の金額が必要となるのですが、このFX特有の証拠金と呼ばれる、いわゆる担保を収めることで取引ができるのです。

担保の金額は、大抵、取引する金額の5%程度です。ですから、取引する際に担保の金額を確かめる必要があります。

スワップポイントって何?

fxの最大の魅力といっても過言ではないスワップポイント。では、このスワップポイントとは、どんなものなのでしょうか?

fxをすると、スワップポイントというものが毎日つきます。
そもそもfxとは、ある通貨(例えば円)を借りてある通貨(例えばドル)を買うという仕組みなのです。
金利の低い円を借りているので、低い金利を返します。そして、金利の高いドルを買っているので、それには金利がついてきます。つまり、この時点で差が生じているのがわかると思います。これが、fx最大の魅力、スワップポイントと呼ばれるものです。

スワップポイントの中身があまりくわしくわからなくても、fxを取り扱っている会社には、どの通貨間で一日どれくらいのスワップポイントが発生するかは表示してあるので、それを参考にすれば一目瞭然です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。