スワップ金利とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利の仕組み

FXに必ずついてくるスワップ金利。
このスワップ金利の仕組みがよくわからないからFX取引をするのに警戒している人もまだいるかもしれません。
では、このスワップ金利の仕組みは、どうなっているのでしょうか?

スワップ金利の仕組みをわかりやすく簡単に説明すると、通貨間の金利差のことです。
例えば、円の金利が今1%として、米ドルを購入するとします。
すると、その米ドルの金利が5%あるとします。
すると、この円と米ドルの通貨間の金利差は4%です。これがスワップ金利の仕組みなのです。

この仕組みを、もう少し掘り下げて説明すると、FXでは、証拠金を担保として円を借り、ドルを買っているので、安い利息を払いながら高い金利をもらっているのでそこに差がうまれるのです。

スワップ金利の仕組みが納得できれば、円の低金利時代の今がFX取引をする最大のチャンスです。

為替取引でスワップ金利を頂こう

「FX」が「外国為替信用取引」というのは、投資家の間では、もう、知らない人の方がすくないかもしれません。

FXで為替をする魅力は主に二つあります。
一つは、本来銀行で為替取引をしようとした場合は相対する金額が必要となりますが、FXであれば、その何%かを証拠金として入金するだけで為替取引ができてしまうという「てこの原理」です。

もう一つは、スワップ金利が毎日つくことです。

このスワップ金利とは、通貨間の金利の差のことですが、今は円の金利がとても低いので、スワップ金利が一番つきやすい時期と言っても過言でないと思います。

スワップ金利は、FX業者によってまちまちなので、取引をする際は比較することも必要です。

今や、為替取引をするには、FXでしなければもったいないです。特に、外貨預金のように、満期を待たないと金利がもらえないものとは違い、FXではスワップ金利が毎日もらえるので、とても魅力的です。

スワップ金利を年利で考える

FXの取引で享受できるスワップ金利。今は、円の金利が年利が0.02%程度と低迷しているからこそ、スワップ金利がたくさんもらえるチャンスなのです。

スワップ金利は、通貨間の金利差のことですが、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買った時、その金利差を受け取ることができます。つまり、通貨間の年利の差が大きければ大きいほどスワップ金利がたくさんつくということです。

今は、米ドルの金利が年利5%程度あるので、FXで米ドルを購入すると、年利4%程度の金利がつくという計算になります。しかも、FXは、外貨の定期のように満期にならないと利息がつかないというものではないので、そこもとても魅力的です。

どの通貨が一番利回りが良いかは、スワップ金利だけでは比較しにくいので、わかりやすく理解するために年利に計算してみるというのも手です。

スワップ金利なら銀行より短期長期関係なくお得?

円の金利が低迷している今、銀行の預金は、短期でも長期でも利息は期待できません。そこで、投資家に人気なのがFXでのスワップ金利を狙った取引です。

FXとは、外国為替信用取引と呼ばれ、少しの元手で多くの為替取引ができます。

そして、毎日スワップ金利がつきます。毎日つくので、短期長期という期間は関係ありません。

短期でも長期でも銀行に預けていてもすずめの涙程度の利息なので、この機会にスワップ金利を狙ってFXで取引しようとする投資家が多いはずです。

また、銀行と違うのは、満期を待たなくてもスワップ金利がつくという点です。
銀行の外貨預金は、円の預金よりは利息がいいですが、満期を待たなくてはなりません。そして、満期の時期は選べないので、為替のリスクが高くなってしまいます。

FXなら、銀行と違い、短期でもスワップ金利は毎日つきますし、長期ならばなおさらです。そして短期でも長期でも為替で利益を得ることもできます。

金利スワップのプライシングとは?

金利スワッププライシングという金融用語を聞いたことがあるでしょうか?

この金利スワッププライシングとは、どのようなものなのでしょうか?

まず、金利スワップとは、金利を交換する取引のことです。
具体的に説明すると、変動金利を支払い、固定金利を受け取るという仕組みです。そのため、元本は想定元本とよばれ、実際には存在しません。この想定元本は、双方でプライシングします。

つまり、この金利スワップで取引すると、実質、固定金利で支払うことになり、将来金利が上昇した際に利払いコストを軽減できるという利点があります。

次に、金利スワップの説明でもでてきたプライシングですが、この金利スワッププライシングとは、取引値段を決めることで、主に長期契約の際に行われます。

プライシングとは、金利スワップ取引以外にも、デリバティブで使われる金融用語です。

FXのスワップ金利で生活をしてみよう

投資や為替に興味がある人なら、FXスワップ金利という言葉を聞いたことがあると思います。
では、このFXスワップ金利とはどういうものなのでしょうか?

FXとは、外国為替信用取引というもので、何%かの証拠金というものを収めれば、その何倍もの取引ができてしまうというものです。

そして、スワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。スワップ金利は、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買ったときに享受できるので、円の金利が低い今は、スワップ金利がとてもつきやすい時期といえます。

今は、このFXスワップ金利生活をしてしまおうとしている人もいます。

スワップ金利生活なんて、とても無理だと思うかもしれませんが、実際にそれで生活している人もいると聞きます。

スワップ金利で生活できたら、本当に夢のようですよね。FXだと元手もそれほど必要ないので、スワップ金利の生活は、誰にでも可能なことなのです。

円とのスワップ金利が高い?

スワップ金利」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。FXをするときには必ず目にする「スワップ金利」。では、この「スワップ金利」とは、どういうものなのでしょうか?

スワップ金利とは、簡単に言うと、通貨間の金利差のことです。

もっと具体的にわかりやすく説明すると、例えば今、の金利がとても低いですが、これをわかりやすく1%だと仮定します。そして、取引するのが米ドルだとして、その米ドルが5%の金利があると仮定します。すると、ドル/の金利差は4%もあります。これがスワップ金利というものなのです。

このスワップ金利を毎日受け取ることができるのです。

ちなみに今のスワップ金利は、米ドル/で約135円。ユーロ/で約150円です。他にも通貨はたくさんあります。

の金利が低い今がスワップ金利が一番つきやすいのです。

スワップ金利契約って何?

もともと銀行間で契約が交わされていた金利スワップという取引は、今は、一般企業と銀行の間でも契約を結ぶようになりました。

では、この金利スワップとは、どういうものなのでしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ(金融派生商品)の一種です。また、金利スワップのスワップとは、英語で、「交換」という意味です。

具体的に金利スワップとは、変動金利を支払い、固定金利を支払うとういう契約のことを言います。これは、固定金利を支払い、変動金利を支払うという逆の契約金利スワップといいます。
つまり、この金利スワップ契約した場合は、想定元本というものを決定し、元本は交換されず、金利だけが交換されます。

金利スワップ契約すると、実質、固定金利で支払うこととなり、将来金利が上昇した際、利払いコストを軽減できるという利点があります。

金利スワップの仕訳とは?

金利スワップとは、銀行間でもともと行われていた取引なのですが、最近は銀行と企業でも行われるようになりました。この金利スワップとは、固定金利を支払い、変動金利を受け取るという取引のことです。

金利スワップの利点は、実質、固定金利で支払うことになり、将来金利が上昇した際に利払いコストを軽減できるという点です。

会計処理としてややこしい仕訳は、金利スワップにおいてはなおさらです。

金利スワップの会計処理(仕訳)は、

@ スワップ契約受払日(固定金利と変動金利の差額を損益として計上)

(借)現金預金     ××  (貸)金利スワップ損益   ××


A 決算日(金利スワップの時価を認識)

(借)金利スワップ   ××  (貸)金利スワップ損益   ××


B 翌期首(前期末の逆仕訳
(借)金利スワップ損益 ××  (貸)金利スワップ     ××


となり、決算時の仕訳と翌期首の仕訳は逆になります。

また、金利スワップでは、特例処理があり、この場合、決算日では時価評価に関する仕訳は不要です。

対低金利の円でスワップを狙う

景気がよくなると、金利も上向くという話ですが、それはまだまだ実感としてわきません。金利はまだまだ低いままです。
こんな時は、FXでのスワップ金利を狙うのが正解です!
では、毎日もらえるスワップ金利とは、どういうものなのでしょうか?

スワップ金利とは、金利差のことですが、金利が低い今、例えば米ドルと比較するとかなりの金利差が生じています。この金利差をスワップ金利として受け取ることができるのです。
ですので、金利が低迷している今だからこそ、このスワップ金利を存分に享受できるのです。

例えば、今、から米ドルを買うと、毎日130円程度のスワップ金利が発生しています。同じように、からユーロだと、140円程度です。
外貨預金のように、満期を待たなくてもいいのも魅力です。そして、FXでの取引は、元手が少なくてすむという点は、最大の利点です。

スワップだけで金利生活?

金利で生活ができたら素敵だと思いませんか!?
でも、金利だけで生活するなんて、それには当然かなりの元手が必要だと思いますよね?
そして、円の金利が低迷している今、金利だけで生活なんて、どれだけ元手があっても不可能のような気がします。

ところが、その夢のような話を実現できるのが、
fxにおける、スワップ金利の魅力です!!

なぜなら、fxでの取引なら、元手はそれほど必要ではないからです。
しかも、円の金利が低迷している今だからこそスワップ金利がたくさん手に入るチャンスなのです。
このfxの魅力を最大限に利用すれば、スワップ金利での生活、夢ではないかもしれません。

しかも、スワップ金利は毎日つくので、定期預金のように満期を待つ必要もないのです。
日々世界情勢に神経を尖らせる必要もさほどありません。

スワップ金利での生活は、fxのちょっとした知識さえあれば、誰にでも簡単にできてしまうものなのかもしれません。

スワップとfxの関係

スワップという聞きなれない用語は、fxをする際には必ず登場します。

では、このスワップとは、一体どういう意味なのでしょうか?
また、fxの魅力はどこにあるのでしょうか?

fxとは、外国為替信用取引と訳され、「てこの原理」のように、証拠金という形で入金した少しの元手で、その何倍もの取引ができるという、うそのような本当の話です。

そして、このfxに欠かさず登場するのがスワップ
このスワップとは、通貨間の金利差のことで、例えば金利1%円から、金利5%のドルを買うと、その金利差4%がスワップ金利として受け取れるという、すばらしいシステムです。

fxを始めようとする人は、ほとんどの人がスワップ狙いだと言ってもいいのではないでしょうか?

fxという「てこの原理」をいかして、たくさんのスワップ金利を得るのも夢ではありません。

外国為替証拠金取引とスワップ金利

FX、まだまだ知らない人も多いかもしれません。

このFXは、外国為替信用取引と訳され、為替変動によって利益を得ようとするものです。ただし、通常の外貨預金とは少し違います。

それは、証拠金を定められた金額納めれば、その何倍もの為替取引ができてしまうという点です。
証拠金とは、たとえば、1万ドルの為替取引をしようとした場合、通常1万ドルに見合った日本円が必要となりますが、その10%程度を証拠金として収めれば、1万ドルの為替取引ができてしまうというシステムなのです。この証拠金の割合は、会社によって違います。

そして、もう一つは、この取引によって、スワップ金利というものがつく点です。このスワップ金利とは、通貨間の金利差のことです。
スワップ金利は毎日つくので、定期預金のように、満期を待たなくても大丈夫なのです。円の金利が低い今は、スワップ金利がたくさんつくチャンスです。このスワップ金利も、証拠金と同様、会社によって違っています。

金利スワップ取引とは?

金利スワップという金融用語を聞いたことがあるでしょうか。
この、金利スワップとは、どういう意味なのでしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、取引をする際に使われます。
また、金利スワップのスワップとは、英語で、交換という意味があります。直訳すると、金利の交換、という意味があるのです。

つまり、金利スワップとは、資金の支払いを相互に交換する取引のことをいうのです。
具体的にどんな取引かと言うと、変動金利の債務を持つ会社と、固定金利の債務を持つ会社が、金利支払いを交換する取引ということです。

また、会社同士ではなく、会社が銀行から融資を受ける場合も、この金利スワップでの取引が可能です。

金利スワップ取引する利点は、事実上、融資を固定金利で支払うことになり、将来金利が上昇した際に利払いコストを軽減できるという点にあります。

異なる通貨間から生じるスワップ

FX(外国為替信用取引)をすると、「スワップ」というものがついてきます。

では、このFXでいう「スワップ」とは、どういうことを言うのでしょうか?

FXでは、低い金利の通貨(例えば円)を借りて、金利の高い通貨(わかりやすくここでは米ドルということにします)を買います。
そのとき、米ドルの金利をもらうことができます。そして、金利の低い円を返します。すると、そこで通貨間の金利の差額が発生します。これがスワップです。

FX以外でもスワップという言葉は使います。
本来は、英語で交換する、という意味から、等価のキャッシュフローを交換する取引の総称です。
この中で、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換し、元本を交換しないものを金利スワップ、異なる通貨間の異なる種類の金利を交換し、元本も交換するものを通貨スワップと呼んでいます。

FXのスワップ金利を比較してみよう

FXをする際に、一番気になるのがスワップ金利です。
スワップ金利とは、通貨間の金利差のことですが、このスワップ金利FXの最大のメリットといっても過言ではないでしょう。

スワップ金利は、毎日変化するのに加えて、FXを取り扱う会社によっても違います。
そのため、FXをする際に、このスワップ金利がどれくらいつくかを比較して、スワップ金利が少しでも高い会社を選択する人が多いようです。

もちろん、FXの魅力はスワップ金利だけではないので、あらゆる面で比較検討してみるべきだと思います。
他に比較するべき項目は、為替の手数料がいくらかかかるか、という点や、取り扱っている通貨、証拠金の金額といったところです。
比較の優先順位を決めて会社を選ぶと、探しやすいのではないでしょうか。

ただ、比較してよりよいと思っても失敗してしまう可能性はありますので、FXの知識を十分に身につけることも大切だと思います。

fxのスワップ金利とは?

最近はやりのFX
そもそも、FXとは一体どんなもののことを言うのでしょうか?

FXとは、外国為替信用取引のことです。
もっとわかりやすく言うと、円から代表的な米ドルを購入するとします。銀行などでの外貨定期預金などは、1万ドルからしか受け付けてもらえないので、それに見合う日本円が必要となります。しかし、FXならば、その10%を証拠金とするだけで1万ドル分の取引ができるというしくみなのです。

そしてこのFXの最大の利点は、毎日スワップ金利というものがつくのです。
このスワップ金利という言葉もFXをする際によく出てくる言葉です。

では次に、このスワップ金利とは何なのでしょうか?
それは、金利の安い通貨から、金利の高い通貨を買った場合に、その金利差がつくシステムです。この金利差のことをスワップ金利といいます。
しかも、スワップ金利は毎日変化し、毎日つくのです。

スワップポイントって何?

外貨為替取引において、スワップポイントという言葉をよく見たり聞いたりします。スワップポイントは、為替、とくにfx(外国為替信用取引)をする際には、必ず知っておかなければならない言葉の一つです。

では、このスワップポイントってどういう意味なのでしょうか?

スワップポイントとは、通貨間の金利差のことで、ポジションを決算しなければ、その通貨間の金利差が受け取れるというしくみなのです。

ただ、スワップポイントは、金利の低い通貨から、金利の高い通貨を購入したときに金利としてつくもので、逆に、金利の高い通貨から金利の低い通貨を買った時は、金利としてスワップポイントを支払わなければならないので、注意が必要です。

このスワップポイントを上手く利用して運用すれば、日本円で運用するよりもずっといい金利を受け取ることが可能なのです。

スワップとは?

為替をする時に、必ずでてくる用語、「スワップ」。
このスワップとは、どういう意味があるのでしょうか?

スワップには、英語のSWAP「交換する」という意味があり、ここで言うスワップとは、通貨を交換した時に生じる金利差のことです。

もし、日本円から米ドルを買ったとします。
その時に、例えば日本円の金利が年利1%で、
米ドルが年利5%だったとして計算します。
するとこの金利差は、5%−1%=4%となり、
4%の金利差が生じます。
これがスワップです。
スワップ金利とも言います。

このスワップを上手く利用すると、外貨の定期預金をするよりもずっといい金利が受け取れるということなのです。

スワップは、ポジションを決済しない限り、また、取引が行われている時は原則として毎日発生します。
ですが、毎日同じわけではありません。

スワップを生かした金利狙いならば、そんなに円安、円高にこだわらなくても大丈夫なのです。

スワップ金利とは?

スワップ金利は、外国為替においてよく聞く言葉です。

この、スワップ金利とは一体どういうものなのでしょうか?

簡単に言うと、金利の低い通貨から、金利の高い通貨を
買った場合に、その金利差を受け取れるしくみのことです。

スワップ金利の金利とは、誰でも知っている通り、銀行にお金を預けているとつく、利息のことです。

今や日本の定期預金の利息は、年率0.25%〜0.35%ととても低いです。しかし、アメリカは年率5〜6%、ニュージーランドドルは年率7%など、他にも金利の高い通貨はたくさんあります。

そこで、例えば、日本円で米ドルを買ったとします。その時の年率が日本円0.35%、米ドル5%と仮定します。

金利の高い通貨、米ドルの金利5%から金利の低い通貨、日本円の金利0.35%を引いた金利、年率4.65%のスワップ金利が毎日つくことになります。

日本の銀行に預けていても、ほんのちょっとだけしか金利がつきませんが、
このスワップ金利をうまく利用して運用すれば、高い金利が手に入るのです。

ただ、金利の高い通貨から金利の低い通貨を買うと、逆にスワップ金利を毎日とられてしまうことになるので、注意が必要です。

ちなみに、スワップ金利のスワップとは、通貨を交換=通貨をスワップする、という意味です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。