スワップ金利とスプレッド FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とスプレッド FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とスプレッド

FX取引をするにあたって知っておくべき用語は、「スワップ金利」と「スプレッド」です。

まず、スワップ金利とは、簡単に説明すると通貨間の金利差のことです。

例えば、円の金利が1%としたときに、米ドルの金利が5%だとして、円から米ドルを買うとします。その金利差4%がスワップ金利として毎日発生します。また、スワップ金利はFX取り扱い業者によっても違います。

次に、スプレッドです。このスプレッドとは、売値と買値の差のことです。
例えば、円から米ドルを買おうとした際、米ドルが140円だった場合、140円で購入できたとします。
そして、その米ドルをまた売って円に戻す場合、また米ドルが140円だった場合、スプレッドが5銭だと140円5銭で売ることができるということです。
スプレッドも、FX業者によって違うので、スプレッドが少なければ少ないほど有利です。

ゼロ金利時代と言われている今、FXでスワップ金利が高く、スプレッドの少ない取引をする方が得策といえます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。