スワップ金利の仕組み FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利の仕組み FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利の仕組み

FXに必ずついてくるスワップ金利。
このスワップ金利の仕組みがよくわからないからFX取引をするのに警戒している人もまだいるかもしれません。
では、このスワップ金利の仕組みは、どうなっているのでしょうか?

スワップ金利の仕組みをわかりやすく簡単に説明すると、通貨間の金利差のことです。
例えば、円の金利が今1%として、米ドルを購入するとします。
すると、その米ドルの金利が5%あるとします。
すると、この円と米ドルの通貨間の金利差は4%です。これがスワップ金利の仕組みなのです。

この仕組みを、もう少し掘り下げて説明すると、FXでは、証拠金を担保として円を借り、ドルを買っているので、安い利息を払いながら高い金利をもらっているのでそこに差がうまれるのです。

スワップ金利の仕組みが納得できれば、円の低金利時代の今がFX取引をする最大のチャンスです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。