スワップ金利とコストを考える FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とコストを考える FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とコストを考える

スワップ金利という言葉を見たり、聞いたりしたことがある人はもう、少なくないと思います。
では、スワップ金利とはどういう意味なのでしょうか?

スワップ金利とは、FXをすると毎日ついてくる金利のことです。
スワップ金利は、通貨間の金利差のことで、金利の低い円から金利の高い米ドルなどを買うと、その金利差が受け取れるという仕組みなのです。金利は毎日変化するので、スワップ金利も毎日変化するというわけです。

このスワップ金利は、FX業者によっても違います。
ですから、FXをする際は、為替取引のコストの比較もさることながら、このスワップ金利の比較も大切です。

為替取引のコストは、通常、銀行では片道1円が一般的です。
しかし、FXなら、このコストが1円を満たない、5銭のところもあれば、コスト無料のデイトレードも存在しています。コストは少なければ少ないほうが有利です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。