スワップ金利を年利で考える FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利を年利で考える FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利を年利で考える

FXの取引で享受できるスワップ金利。今は、円の金利が年利が0.02%程度と低迷しているからこそ、スワップ金利がたくさんもらえるチャンスなのです。

スワップ金利は、通貨間の金利差のことですが、金利の低い通貨から金利の高い通貨を買った時、その金利差を受け取ることができます。つまり、通貨間の年利の差が大きければ大きいほどスワップ金利がたくさんつくということです。

今は、米ドルの金利が年利5%程度あるので、FXで米ドルを購入すると、年利4%程度の金利がつくという計算になります。しかも、FXは、外貨の定期のように満期にならないと利息がつかないというものではないので、そこもとても魅力的です。

どの通貨が一番利回りが良いかは、スワップ金利だけでは比較しにくいので、わかりやすく理解するために年利に計算してみるというのも手です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。