証拠金担保のFX取引でスワップ金利を享受 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

証拠金担保のFX取引でスワップ金利を享受 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

証拠金担保のFX取引でスワップ金利を享受

スワップ金利」という言葉を投資に興味のある人なら一度は聞いたことがあると思います。
この「スワップ金利」とはどういうものなのでしょうか?

スワップ金利」とは、FXで取引した際に生じる、金利差のことです。

例えば、円(金利の低い通貨)から米ドル(購入前の通貨、この場合円よりも高い金利の通貨)を買った時に生じる金利差を「スワップ金利」といいます。

このスワップ金利を享受するには、FXでの取引が必至です。

このFXとは、外国為替信用取引と訳され、証拠金と呼ばれる金額を担保として入金すれば、その何倍もの取引ができるのです。

担保とする証拠金の金額は、FX業者によって異なります。

本来ならば同等の金額が必要となるのですが、このFX特有の証拠金と呼ばれる、いわゆる担保を収めることで取引ができるのです。

担保の金額は、大抵、取引する金額の5%程度です。ですから、取引する際に担保の金額を確かめる必要があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。