円とのスワップ金利が高い? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

円とのスワップ金利が高い? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

円とのスワップ金利が高い?

スワップ金利」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。FXをするときには必ず目にする「スワップ金利」。では、この「スワップ金利」とは、どういうものなのでしょうか?

スワップ金利とは、簡単に言うと、通貨間の金利差のことです。

もっと具体的にわかりやすく説明すると、例えば今、の金利がとても低いですが、これをわかりやすく1%だと仮定します。そして、取引するのが米ドルだとして、その米ドルが5%の金利があると仮定します。すると、ドル/の金利差は4%もあります。これがスワップ金利というものなのです。

このスワップ金利を毎日受け取ることができるのです。

ちなみに今のスワップ金利は、米ドル/で約135円。ユーロ/で約150円です。他にも通貨はたくさんあります。

の金利が低い今がスワップ金利が一番つきやすいのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。