金利スワップの税務処理 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

金利スワップの税務処理 FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

金利スワップの税務処理

もともと銀行間で行われていた金利スワップが、今は銀行と企業の間でも行われるようになりました。
では、金利スワップとは、どのような取引のことをいうのでしょうか?

金利スワップとは、、固定金利と変動金利を交換する取引のことです。固定金利を支払い、変動金利を受け取るというしくみです。つまり、金利スワップでは、元本部分の交換は行われず、金利部分だけが交換されます。

金利スワップで取引する際、注意しなければならない点は、税務処理です。
本来ならば税務上、課税対象となるものではないのですが、税務処理を間違うと課税対象となってしまいます。

課税を避けるためには、時価評価を避けることがポイントです。この処理を、税務上「金利スワップ取引等の特例処理」と言います。

会計や税務上の取り扱いについては、あらかじめ会計士、税理士などに相談するのが賢明です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。