スワップと時価評価について FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップと時価評価について FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップと時価評価について

金利スワップ』という言葉を知っていますか?この、金利スワップとは、どういう意味でしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、取引をする際に使われます。
簡単に言うと、金利スワップとは、資金の支払いを相互に交換する取引のことです。

デリバティブとは、金利スワップ・通貨スワップなどの総称ですが、税務処理の原則として、時価評価課税がなされます。

しかし、時価評価を回避するための対応策はあります。

購入前ならば、リスクを有効にヘッジするデリバティブを購入するということです。

すでに購入してしまった場合、まずは、購入時の要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。

購入時の要件を満たしていない場合には、帳簿にて時価評価は行なわない旨を宣言し、特定の会計処理を行ないます。

購入時の要件を満たしている場合には、会計処理の変更及び帳簿の整備さえ行なえば、時価評価課税を回避することが可能となります。

時価評価税を回避するポイントをおさえておけば安心です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。