金利スワップ取引とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

金利スワップ取引とは? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

金利スワップ取引とは?

金利スワップという金融用語を聞いたことがあるでしょうか。
この、金利スワップとは、どういう意味なのでしょうか?

金利スワップとは、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、取引をする際に使われます。
また、金利スワップのスワップとは、英語で、交換という意味があります。直訳すると、金利の交換、という意味があるのです。

つまり、金利スワップとは、資金の支払いを相互に交換する取引のことをいうのです。
具体的にどんな取引かと言うと、変動金利の債務を持つ会社と、固定金利の債務を持つ会社が、金利支払いを交換する取引ということです。

また、会社同士ではなく、会社が銀行から融資を受ける場合も、この金利スワップでの取引が可能です。

金利スワップ取引する利点は、事実上、融資を固定金利で支払うことになり、将来金利が上昇した際に利払いコストを軽減できるという点にあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。