スワップ取引って何? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ取引って何? FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ取引って何?

日本の金利が低迷している今日、投信や株、国債などが人気を集めていますが、ネットをする人や投資初心者にとっては、FX(外国為替信用取引)が一番気になる投資方法です。
このFX(外国為替信用取引)で、一番わかりにくいものの、一番の利点になりそうなものが、スワップ取引

スワップ取引をしたくてFX(外国為替信用取引)をする人は多いと思います。

では、このスワップ取引とは具体的にどういったことなのでしょうか?

スワップ取引とは、通貨を交換することによって生じる金利差を得ようとする取引のことです。
金利の低い通貨から金利の高い通貨を交換した場合、その金利差が利益として受け取ることができるのです。
また、この金利差のことをスワップと言います。

スワップは毎日変化し、金利が高い通貨から金利が低い通貨に交換する時は、スワップを支払わなければなりません。そのため、スワップ取引をする際には注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。