FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

FXスワップ金利で長期投資する資産運用生活

スワップ金利とコストを考える

スワップ金利という言葉を見たり、聞いたりしたことがある人はもう、少なくないと思います。
では、スワップ金利とはどういう意味なのでしょうか?

スワップ金利とは、FXをすると毎日ついてくる金利のことです。
スワップ金利は、通貨間の金利差のことで、金利の低い円から金利の高い米ドルなどを買うと、その金利差が受け取れるという仕組みなのです。金利は毎日変化するので、スワップ金利も毎日変化するというわけです。

このスワップ金利は、FX業者によっても違います。
ですから、FXをする際は、為替取引のコストの比較もさることながら、このスワップ金利の比較も大切です。

為替取引のコストは、通常、銀行では片道1円が一般的です。
しかし、FXなら、このコストが1円を満たない、5銭のところもあれば、コスト無料のデイトレードも存在しています。コストは少なければ少ないほうが有利です。

為替取引で魅力なスワップ金利

「FX」が「外国為替信用取引」というのは、投資家の間では、もう、知らない人の方がすくないかもしれません。

FXで為替をする魅力は主に二つあります。
一つは、本来銀行で為替取引をしようとした場合は相対する金額が必要となりますが、FXであれば、その何%かを証拠金として入金するだけで為替取引ができてしまうという「てこの原理」です。

もう一つは、スワップ金利が毎日つくことです。

このスワップ金利とは、通貨間の金利の差のことですが、今は円の金利がとても低いので、スワップ金利が一番つきやすい時期と言っても過言でないと思います。

スワップ金利は、FX業者によってまちまちなので、取引をする際は比較することも必要です。

今や、為替取引をするには、FXでしなければもったいないです。特に、外貨預金のように、満期を待たないと金利がもらえないものとは違い、FXではスワップ金利が毎日もらえるので、とても魅力的です。

スワップ金利とレートの推移

FXで為替取引をすると、毎日ついてくるスワップ金利。
このスワップ金利とは、どういう意味なのでしょうか?

スワップ金利とは、一言で説明すると、通貨間の金利差のことです。つまり、円の金利が1%として、米ドルの金利が5%だとします。
すると、その差の4%がスワップ金利として毎日つくというものです。

今は円の金利がとても低いので、スワップ金利がたくさんつく絶好のチャンスなのです。

為替取引といえば、為替レートを常に気にしないといけないというイメージがつき物ですが、スワップ金利だけを目的とした取引ならば、毎日為替レートの推移を気にする必要もありません。

最も、為替レートの推移をよみ、いい時期に取引できたとしたら、それがベストではあります。

しかし、為替レートの推移ばかりを気にしていても、推移は過去のもので、これから先のことは誰にもわかりません。

レートの推移を気にしている間も、毎日スワップ金利を無駄にしているのかも知れません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。